横浜デートで訪れたい!フルーツカクテルで有名な隠れ家バー『ザ バー カサブランカ(The Bar Casablanca)』関内/神奈川

横浜デートで訪れたい!フルーツカクテルで有名な隠れ家バー『ザ バー カサブランカ(The Bar Casablanca)』関内/神奈川

お店の雰囲気

横浜で飲み歩いている者なら誰でも知っているバーがここ『ザ バー カサブランカ』だ。ビルの地下へ入ると現れるバーの扉。しばらく訪れていないうちに、入口の扉は、本棚のような外観に変貌を遂げていた。それにしても、なんと入りにくい扉だろうか。 だがここで諦めないでほしい。勇気を出して店に入れば、極上のカクテルが待っているから。

店内は、かしこまったというよりは、温かみを感じる落ち着く雰囲気。
青いライトと曲線を描いたカウンターが印象的で、どことなく誰かの部屋に遊びに来たかのような感じを受ける。

フルーツカクテルというジャンルを確立したバー

実はこちらのバーは、フレッシュフルーツ=生の果実を使用したフルーツカクテルというジャンルを確立したバーとして有名だ。フルーツカクテルの元祖が作るそれを目当てにして訪れる客も多いだろう。

店としてもそういった客を迎える準備は万全で、 常時、季節のフルーツを数種類揃えており、フルーツごとに2~3パターンのカクテルをオンリストしている。例えば、フルーツとシャンパンを割って作るよくあるスタイルのものから、フルーツを活かしたマンハッタンや、オールドファッションドのツイストカクテルなどもあり、普段はフルーツカクテルを飲まない層も食指が動くことだろう。

ちなみに、まだ冬の寒さが残る季節に訪れて出会ったのが、柚子のマティーニ。
カクテルを作り始めると漂ってくる柚子の香り。ボストンシェイカーで力強くシェイクし、すぐにグラスへ注ぐ。最後に柚子ピールと、挽きたての山椒をわずかにかけて完成だ。 ほどほどのアルコール感に、優しい甘さと華やかな香り。どこか和テイストのユズマティーニは、男女問わずお薦めできる一杯だ。

ユズマティーニ

カクテルの材料にも注目

たとえ同じ名前でも、使用する酒によって味わいが大きく変わるのがカクテルという飲み物。そのため、バーテンダーは、それぞれのカクテルをどんなイメージで作り上げるかを思案し、試行し、完成させる。

マンハッタン

そして、こちらのバーでは、カクテルに使用する酒を惜しまない。
例えば、先のユズマティーニのベースに用いていたのは、ボンベイサファイヤのプレミアムラインである、スター・オブ・ボンベイ。これによって、より輪郭がしっかりしたカクテルが出来上がる。
また、スタンダードカクテルも同様だ。
マンハッタンには、シーグラムというアメリカンブレンデッドウイスキーを使い、高級ヴェルモットのマンチーノ・ロッソと合わせる。
マティーニは、タンカレー・テンとマンチーノ・ビアンコというこれまた贅沢な取り合わせだった。

高い酒を使えば美味いカクテルができるというわけではないが、いいお酒を使いこなせば、格別に味になるのがカクテル。こういう贅沢なカクテルは飲み手にとっては特別に嬉しいもの。それでいて、価格は標準的なのだから、嬉しい限りだ。

ドライマティーニ

さいごに

どうしてもフルーツカクテルが先行してしまうバーであるが、それだけでなく、ハイクオリティなクラシックカクテルも間違いなく必飲だろう。
1人で疲れを癒すもよし、食前や食後にデートで訪れるのもいいだろう。
ここは、訪れておくべきバーであることは間違いない。


The Bar Casablanca 
営業時間 / 月 ~ 日 17:00 ~ 26:00
定休日 / 年末年始