プロフィール

概略

【名前】   :すだれ
【出身】   :神奈川県横浜市
【育ち】   :神奈川県鎌倉市
【在住】   :神奈川県横浜市
【職歴】   : (前々職) 飲食店の調理・接客
         ~(前職)業務系システム開発のプログラマー
         ~(現職)業務系システム開発のシステムエンジニア
【職場】   :東京都内
【趣味】   :バーホッピング、食べ歩き、酒類の収集、旅行
【情報発信】 :「絶対に外さない!いま行くべきバー」、「食べログ

好きなもの

【カクテル】 :マンハッタン、ギムレット
【ウイスキー】:デュワーズ、ラフロイグ
【好きな漫画】:バーテンダー 原作:城アラキ、作画:長友健篩
【好きな映画】:007 慰めの報酬

漫画バーテンダーに憧れて

まだ高校生の頃、当時、深夜に放送していたアニメ版「バーテンダー」を見たことをきっかけに、原作の漫画を読むことになる。
バーのカウンターで繰り広げられる、酒にまつわるエピソードに絡めた人間模様と、心に響くセリフの数々によって、次第にリアルなバーに憧れを抱くようになった。
大学生になり、初めて訪れたバーは地元のカウンターだけのダイニングバー。漫画のようなお節介なバーテンダーはいなかったが、それでも、スタンダードカクテルは一通りあり、漫画で見知ったカクテルから順に試していった。
そうして、少しずつカクテルというものを知り、ついにオーセンティックバーのカウンターへ。
これまで飲んでいたダイニングバーとは違う、自然と背筋が伸びる雰囲気。薄暗い空間に灯る間接照明。様々な酒のボトルがバックバーに並び、まさにずっと憧れていたバーのイメージ。同年代の若者なんて一人もいない大人だけの空間。
精いっぱいの背伸びをして飲んだカクテルは、ダイニングバーのそれとは全く異なる丁寧さ作られ、驚くほどに美味しい。
間違いなくそこは10代の頃からずっと憧れていた世界だった。

マンハッタン

世界中の酒飲みに愛され、カクテルの女王と呼ばれるそのカクテル。甘く、力強さもありながら、とても繊細なカクテル。
1876年、ニューヨーク・マンハッタンクラブで開かれた、第19代アメリカ大統領候補者支援パーティーで提供されたことが最初だという(※諸説あり)。
実はこのカクテルは、私がこれまで最も飲んできたカクテルである。
カクテルを飲み始めた頃、さまざまな種類を試していたときに、素直に好きだなと感じたのがこのカクテルとの出会い。本格的にバー通いを始めた頃には、初めて訪れるバーでの一杯目に必ず飲むようになっていた。
そして、ある時に横浜・関内で出会った感動的なマンハッタン。これほどまでに違うのかと、あの時の感動は忘れられない。
気づけば、自分にって特別なカクテルになっていた。

当ブログを立ち上げた理由

Webの影響なのか、人気店ともなれば、バーの中は連日盛況だが、一歩外に出ると、バーとは無縁の人ばかり。
私の周囲にも興味はあるが訪れたことはないという人ばかりで、そのイメージから、実際に訪れるとなると二の足を踏んでしまう人が多いのは間違いのない事実だろう。
バーという自分の第3の居場所「サードプレイス」を持つことで得られるものは、きっと人生を豊かにしているという思いから、
バーに興味のある人の背中を押すことができないだろうかと考え、当ブログを立ち上げました。
バーという場所がもっと一般化し、少しでも多くの人の人生の一部となるきっかけになりましたら幸いです。