これぞ最高品質の醤油ラーメン!『川の先の上』上大岡/神奈川

これぞ最高品質の醤油ラーメン!『川の先の上』上大岡/神奈川

川の先の上とはよく言ったもんだ。
上大岡から訪れると大岡川の先の雑居ビルの二階にある当店。
こんな変なところによく店を構えたもんだと思ってしまうが、ここは、知る人ぞ知るG麺7グループ。最高品質の醤油ラーメンはそんな店にあった。

らーめん正油 – 川の先の上

麺は自家製

ここで使用する麺は、小麦から厳選し、店内で打った自家製麺。
G麺7グループでは、それがデフォルトのようなので、このグループにおいては特別なことではないのだろう。
さて、自家製麺を操る当店では、横浜家系ラーメンが根付いた横浜ですら麺固めなんてコールは通用しない。券売機には、「うちの麺は固めは旨くない。どうしてもというなら不本意だが作る」というアドバイス。
絶対拒否しないあたりに店の優しさを感じつつ、美味しく食べてもらうためのベストを尽くしたい店の姿勢には好感が持てる。

茶は2種類

さて、比較的ゆったり目の席配置の店内。食券を買うと、特にスタッフからの誘導もなく、空いている時間だったからなのか、好きなところに勝手に座っていいようだ。
お茶は券売機の横にあるサーバーから自分で注ぐセルフサービス。水ではなく、わざわざウーロン茶とジャスミン茶を出している点は素直に嬉しい。しかも、ハーフ&ハーフがお薦めだとか書いていて、なかなか面白い。

らーめん正油

オーダーは”らーめん正油”。
ほどなくして提供された麺は、見ての通り誠実な仕上がり。オーラを纏っているかのように、見た目から完成度の高さが滲み出ている。
結局、どんなジャンルの料理だって、うまいもんは見た目もいい。そんなふうに相場は決まってるのだと思う。

らーめん正油 – 川の先の上

850円ながら、チャーシューは豪華にも二枚。
程よく食感を残したバラ。そして、バラよりも柔らかく、薫香を纏ったロース。
柔らかく仕上げりゃいいってもんじゃない。部位によって仕上がりを変えているあたりに、仕事の細かさが光っている。旨すぎるチャーシューは、テイクアウトしたいくらいだ。

らーめん正油 – 川の先の上

麺は歯切れのいい中細ストレート。普段、家系ラーメンに慣れていると、こうまできれいなストレート麺は、シンプルに美しいと思ってしまう。
スープは、スッと身体に滲みこむような柔らかな仕上がり。優しくどこか懐かしい感じで、最後まで飽きないどころか、スープ飲み干したくなってしまうほどに美味しかった。

まとめ

お腹を満たした満足感だけじゃなく、上質なものを食べた満足感に与えてくれるラーメン店。シンプルだけど、シンプルを追求するとこの域にまで達するのだと教えてくれる最高品質の醤油ラーメン。次回は別の味への期待が膨らむ。


川の先の上 ⇐食べログに飛びます
営業時間
  11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日
 水曜日