プーケット国際空港での過ごし方:国際線出国エリア

プーケット国際空港での過ごし方:国際線出国エリア

旅行の楽しみの一つとして、忘れてはいけないのが空港内のショップの数々。現地のグルメやお土産を味わう最後の機会です。今回は、プーケット国際空港の出国エリアをご紹介します。

1.雰囲気はまさにリゾート

自然光を活用した屋内はやや暗めの印象ではあるものの、出国ゲートを通過した後に目の前に広がるのはコバルトブルーの海と空。最後までリゾート感を満喫できます。

2.免税店は現地の品物から海外ブランドまで

ハブ空港と比べてしまうとややこじんまりとした広さですが、現地の品物から、海外の有名ブランド品まで一通りそろっています。

1時間もあれば余裕で1周できる広さです。

海外らしいデザインのビール

3.いろいろなジャンルのレストラン

買い物を終えたら小腹が空いてくるかと思いますが、プーケット国際空港の出国エリアには、多種多様なレストランがあるので心配ありません。

中華、タイ料理、アメリカン、ファストフード、カフェなど選択肢は多めなので、最後に食べたかったあの料理にも出会えるかもしれません。

4.航空会社のラウンジでゆったり

搭乗クラスや会員ステータスによっては、航空会社のラウンジも利用できます。プーケット国際空港の出国エリアには2か所のラウンジを確認できましたが、席数が少ないこちらのほうが雰囲気が良かったです。

軽食が食べ放題でアルコール飲み放題なので、居心地は上々でした。

意外と美味しかったパン

食べ物はタイ料理が多く、写真のような一口のものから、麺類やご飯ものまであり、味付けは甘辛が多いです。

タイ料理っぽいエビと春巻きのなにか…

さいごに

こじんまりとしていましたが、レストラン以外にも座れる場所が多く、そもそもそんなに混雑していないので出発までの時間は快適に過ごせるかと思います。搭乗ゲートも目と鼻の先なので、ギリギリまで寛いで、プーケットでの最後の時間を楽しんでください。