とろける生ハムとフォアグラのフランが絶品すぎる!『カステリーナ横浜(CASTELLINA YOKOHAMA)横浜/神奈川』

とろける生ハムとフォアグラのフランが絶品すぎる!『カステリーナ横浜(CASTELLINA YOKOHAMA)横浜/神奈川』

かしこまり過ぎず、緩過ぎもしない、フォーマルとカジュアルが絶妙に混じり合った温もりたっぷりのイタリアン。東京の人気店が、横浜にやってきてくれたことで、これからの横浜のダイニングシーンが盛り上がること間違いなし。

カステリーナとは

カステリーナとは、2011年創業の株式会社カステリーナが営む、いま最も話題なレストラン。都内では、そのクオリティとコスパから非常に人気が高く、ここ横浜を含めて現在7店舗を運営している。来年には川崎店も予定しているとのことでまだまだ勢いは止まらない。『カステリーナ』という屋号は同じながら、店舗ごとにテーマが異なり、出している料理も違うので、各店舗に訪れる楽しみと、全店共通してスペシャリテとなっているフォアグラのフランの安心感を備えている。

フォアグラのフラン – カステリーナ 横浜

とろける生ハムが絶品すぎる!!

カステリーナ横浜店のウリは、すりたての生ハム。イタリア製の手動生ハムスライサー”F.A.C.” で、カット時の熱を与えずに、皿が透けるほどに薄くスライスされた生ハムは、口の中でとろけるという表現がベストマッチ。つい先日、スペインで切りたてのイベリコをしこたま食べてきた私だが、このイタリアの生ハムもたまらない。

生ハム盛り合わせ6種 – カステリーナ 横浜

盛り合わせ1500円という破格ながら、プロシュート、サラミ、スペック、フィノッキオーナ、パンチェッタ、あと一種(失念)が盛られており満足度も抜群。グリッシーニとともに食べれば、スパークリングワインが止まらなくなる。

生ハムの前に渡されたグリッシーニ – カステリーナ 横浜

会食やデートに最適な雰囲気とサービス

冒頭で、 フォーマルとカジュアルが絶妙に混じり合った温もりたっぷりのイタリアンと称したが、こちらのレストランは、どのようなシーンでも利用できる万能型といえるだろう。気を張りすぎておらず、かといって緩くもないというちょうどよい雰囲気なので、付き合う前の相手を誘っても、頑張りすぎてる感じはでないし、同僚や友人と仕事帰りに美味しいものを食べたいなんてときでも気軽に来れる。サービスも行き届いており、他の客との距離も適度に保たれているので、上司や取引先との会食に使っても問題なし。ここは、知っているだけで重宝するレストランになるだろう。

ワンランク上の料理

生ハムとフォアグラのフラン以外の料理も忘れてはいけない。
アミューズブーシュからなんともお洒落。目で楽しめる料理を食べていると、自然と会話も弾んでくる。

アミューズブーシュ – カステリーナ 横浜

この日は、期間限定で提供していたスパークリングワインのフリーフロー(飲み放題)で。期間限定とはいえ、このクラスのレストランで、1500円でスパークリングワインが飲み放題とは恐れ入る。しかも、ちゃんと旨い。

スパークリングワイン – カステリーナ 横浜

スペシャリテのフォアグラのフランは、バケットとともに。ピンボケ写真で残念だが、上にかかったキャラメルっぽいものが、カリッと食感にアクセントを加えていて、口の中にフォアグラの香りと旨味が広がる。そこへスパークリングワインを流し込むのはたまらない幸せ。

フォアグラのフラン – カステリーナ 横浜

季節ものの料理は、白子と茄子のフリット。サクサクの衣の中にとろっと白子。我ながらワインによく合うチョイスで、ついついワインが進んでしまう。

白子と茄子のフリット – カステリーナ 横浜

冷前菜は、パテ・ド・カンパーニュ。見かけるとついつい食べたくなっちゃう定番メニュー。

パテ・ド・カンパーニュ – カステリーナ 横浜

メインは豚肩ロースの低温調理ロースト。ばっちりの火入れで肉は柔らかく仕上がっていて、そこにマスタードのソースが相性抜群。ボリュームもたっぷり。ワイン飲み過ぎて、すでに酔っ払いだったが、パクパクっと食べてしまった。

豚肩ロースの低温調理ロースト – カステリーナ 横浜

楽しくなった酔っ払いの食欲は止まらず、ドルチェの前にチーズに手を出すことに。
まずは、花びらのようなチーズ”ラスパドゥーラ”。口の中に入れると、花びらのように散ってしまう儚い旨さ。

ラスパドゥーラ – カステリーナ 横浜

そして、その味に惚れてしまった水牛のブッラータ。中から溢れ出る生クリームのようでいて、それ以上にミルクの風味が濃厚なクリームに悶絶。たまらず2皿目をオーダー。ブッラータで1000円、しかもこのクオリティって、他のイタリアンに価格破壊しかけてるとしか思えない。

水牛のブッラータ – カステリーナ 横浜

ドルチェは、ティラミスとチョコラータ。ティラミスを食べるまでもなく、元気いっぱいになっていたわけだが、イタリアンに来たらどうしても食べたくなってしまうんだ。

ティラミス – カステリーナ 横浜
チョコラータ – カステリーナ 横浜

まとめ

2019年10月オープンのため、まだまだ認知度が低いカステリーナ横浜。そのため、食べログのネット予約もまだまだ余裕がある様子。知っておいて損はない、行ってみれば納得のイタリアン。混まないうちに訪れたほうがいいだろう。


カステリーナ 横浜 ⇐食べログに飛びます
営業時間
  11:30~15:00(L.O.13:30)
  17:30~23:00(L.O.21:30)
定休日
 不定休