繊細な香りを味わうカクテル!世界的トップバーテンダーがいるバー『バー 石の華(Bar Ishinohana)』渋谷/東京

繊細な香りを味わうカクテル!世界的トップバーテンダーがいるバー『バー 石の華(Bar Ishinohana)』渋谷/東京

これまで何度バーを訪れただろう。
シーンに応じたバーの使い方、バーでの飲み方を覚えるにつれ分かったことがある。ひとつは、連れていく相手を選ぶこと。ふたつは、店(バーテンダー)との相性だ。

ブロンクステラス

やはり、酒を酒としか思えないやつはよくない。
バーは確かに酒を売るところだが、その一杯にどれだけのものが集約されているか興味を示してほしいもの。
大して知りもしないのに、先入観だけで語る人には、1杯1000円を超える酒は高すぎるだろう。

バレンシアオレンジのカイピリーニャ

そして、店との相性というのがとても厄介で、自分ではどうしようもできない。バーは、カウンター一枚を隔ててバーテンダーと関わる場所。他のサービス業よりも店員の人柄というものの影響を大きく受ける。人と人が向き合うのだから相性の問題は避けられない。

スモーキーエスプレッソマティーニ

さて、当店のオーナーバーテンダーは、若手バーテンダーの憧れの存在だという。バーテンダー協会でも重要なポジションを担っているお立場であり、ワールドクラスのトップバーテンダーの一人であることは間違いない。
以前、とあるバーテンダーが「あのスピードであのレベルのカクテルを作れる人はいない」と絶賛していた。

ラストワード

注目してみると確かにとても早い。おまけに美味しい。スタンダードカクテルを飲むと味の違いを際立って感じる。多種多様なオリジナルカクテルに目移りしてしまうが、こちらのバーに訪れたのならスタンダードカクテルは必ず飲むべきだろう。

マンハッタン

では、いつも通りマンハッタンを。レシピはBULLEIT BOURBONと冷えたNOILLY PRAT。ウイスキーの香りが豊かで非常に美味しい。ぜひまた飲みたいマンハッタンだ。
そして、こちらではどのカクテルを飲んでも感じることがある。それは、カクテルの風味だ。
トップノートからアタック、余韻までとても繊細な香りを感じる。特に変わったことをしているようには見えないにもかかわらず、飲み手にはそのような印象を与えるのだから、間違いなく、一流の技がどこかに隠されているのだろう。
あのアブサンの独特な香りですら素晴らしいアクセントに変えてしまうのだから、本当に驚くほどのセンスの良さだ。

バーテンダー

内装も美しく、お弟子さんたちを含めてサービスにも文句のつけどころがない。
質が高く、独創性がある。まるでフレンチのような味の組み合わせと、とても繊細な香りのカクテル。
思い出して書いているうちに、また訪れたくなってしまった。


Bar Ishinohana
営業時間 / 月 ~ 日 18:00 ~ 26:00
定休日 / 年末年始