計算し尽くされたカクテル!青山の隠れ家『バー カフカ(bar cafca.)』外苑前/東京

計算し尽くされたカクテル!青山の隠れ家『バー カフカ(bar cafca.)』外苑前/東京

15時から飲める隠れ家バー

最近、衝撃を受けたバーのうちの一軒。
メディアでも度々紹介されている実力店であり、同業者からの支持も厚いバーテンダーだ。
何年か前の雑誌で知って以来、ずっと心のどこかで気になっていたが、「今度行こう」と思いつつ時が流れていた。

時刻は15時、外はまだ明るい。大通りから一本脇道に入り、喧騒がなくなった頃、店先にひっそりと店名を掲げた当店がある。外の明るさとは対照的に、明かりが乏しい地下へ続く階段。階段を下りると現れるバーの扉からはうっすらと中の様子がうかがえる。勇気を出して扉を開けると、嗅ぎ慣れた葉巻の香りが漂っている。とても暗い店内。足元を慎重に探りながら、カウンターへと歩みを進める。一歩進むたびに、感覚が研ぎ澄まされていく。

厳選されたボトルを使用したカクテル

私にとっては、初めてのBAR。バーテンダーにとっては、初めての客。お互いの不安が交錯する中、ファーストコンタクトは、ギムレット。使用されたのは、モンキージン47。美しいグラスに注がれたそれを一口飲んで、黙って頷く。これは旨い。

ギムレット

好みのテイストだったので、続けざまに私が最も好きなカクテルであるマンハッタンをオーダー。クラウンローヤルと、ノイリープラットのアンバーを使用。それを見事なグラスに注げば、もはや言葉などいらない洗練された女王様の完成だ。
それにしても、アンバー(AMBRE)なんて初めてみた。どうやらマルセイユのノイリープラット直営店に行けば買えるそうだが、日本においてはかなりレアな酒だろう。

マンハッタン

さらに、好みを伝えたうえでお任せでカクテルを2杯お願いする。いずれもクラシックカクテルだったが、味のバランスがとれており、アルコール感もまさに私好み。本当に素晴らしい。初見の客の好みにここまで合わせられるなんて、間違いなく一流の技だ。

シルバーブレット
シルバーブレットのレシピ

さいごに

バーホッピングをしていると、稀に、衝撃を与えてくれるバーテンダーに出会えるが、当店のバーテンダーは、まさにそのうちの一人である。
本当は、この後に周辺のバーを何軒か廻ろうと思っていたが、これ以上ないほどに満足ができたため、家路に着く。
古城のような独特な世界で飲む秀逸なカクテル。バー好きならば、一度は訪れておいた方がいいバーであることは間違いない。

ウイスキーサワー

bar cafca.
営業時間 / 15:00 ~ 24:00
定休日 / 火曜日