バー初心者が、初めてバーで注文するときに気をつけたいこと

バー初心者が、初めてバーで注文するときに気をつけたいこと

はじめに

気合い入れてバーに来てみたはいいけど、メニューを見ても全く分からないとか、そもそもメニューがないとかで、困ったことはないでしょうか。
居酒屋と同じく、”とりあえずビール”や”カシオレ”でもいいですが、せっかくバーに来たのなら、バーのお酒を楽しみたいもの。
今回は、バーで好みのお酒を注文できるようになるためのポイントをご紹介します。これさえマスターしてしまえば、バーの楽しみがぐっと広がります。
バーに関心がある人だけでなく、上司などにいつバーに連れていかれるかわからない社会人の方にも役立つ内容だと思います。

初めてバーで注文するときに気をつけたいこと

1.おすすめを聞かない

は?と思われた方、見間違いではありません。初めてのバーではおすすめを聞いてはいけません。
バーテンダーは酒のプロですが、超能力者ではありません。万人にウケる料理がないように、万人にウケる酒もまたありません。そのため、好みもわからない一見客に「おすすめをください」なんて言われても、薦められる酒がありません。
強気なバーだと、「うちのお酒は全てがおすすめです」なんて言い返されてしまうかもしれないので、注意してください。

2.好みを伝える

バーでお酒を注文するときに、メニューから選ぶのも一つの手ですが、もしあなたが、バーを最大限楽しみたいと思っているのなら、バーテンダーに相談することをおすすめします。いつも飲んでいるお酒や、好きなお酒、いま飲みたい感じの味を伝えれば、そこから先はバーテンダーの仕事。インプットしている無限のレシピの中から、あなたに最適なお酒(カクテル)を提案してくれることでしょう。
以下、注文時にありがちなバーテンダーとのやり取りについて、ご紹介します。

①いつも飲んでいるお酒をヒントに注文する場合

バーテンダー:ご注文はいかがなさいますか 。
初心者   :バーは初めてで、よくわからないのですが…ふだんはハイボールをよく飲みます 。
バーテンダー:ハイボールですね。お好きなウイスキーの銘柄はございますか。
初心者   :特にありません。初心者向けのものでお願いします。

ポイントは、あまり詳しくないことを真っ先に伝えること。そうすれば、バーテンダーも、それに応じたお酒を提案してくれます。

②好みのお酒をヒントに注文する場合

バーテンダー:ご注文はいかがなさいますか 。
初心者   :あまり詳しくないのですが…カシスが好きです。
バーテンダー:それでは、カシスを使ったカクテルはいかがでしょうか。アルコール度数は、少々強めでもよろしいですか。
初心者   :お酒はあまり強くないので、弱めでお願いします。

ポイントは、無理せず正直に言うこと。バーという場所では、見栄を張りたくなってしまうこともあるかもしれませんが、無理をしてもいいことはありませんので、無理のない範囲で楽しみましょう。

③今の気分に合わせて注文する場合

バーテンダー:ご注文はいかがなさいますか 。
初心者   :何か甘めで、アルコールは弱めのカクテルをお願いします。ベースはジンで。
バーテンダー:炭酸はいかがなさいますか。
初心者   :では、炭酸ありでお願いします。

ポイントは、イメージを明確に伝えること。甘口・辛口、ショートカクテル・ロングカクテル、カクテルのベースに使用するお酒など、バーテンダーがイメージしやすいように、ヒントを伝えてください。そうすればきっと、自分にしっくりくるカクテルが出てくるはずです。

3.まとめ

いかがでしたか?バーでの注文の仕方について、ご参考になりましたか。
ポイントを押さえて、 バーテンダーとコミュニケーションをとれば、今まで味わったことのないような美味しさのお酒にきっと出会えることでしょう。